生活費が足りない場合は離婚すべき?3名の体験談と解決策




生活費が足りないことが原因で離婚しようか悩んでいますね。

生活費が足りないことが原因で離婚しないためにも、解決策を見出す必要がありますね。

一方で離婚が最適な選択となる事もあります。

解決するための3名の体験談をお送りしますね。

生活費が足りないのに離婚しても増えないのになぜ離婚する?体験談1

質問

生活費が足りないという理由で離婚します。

妻は別れたあとも生活費はもらうつもりです。

しかし金額は決して増えませんよね?

もらえる金が増えないのに離婚する理由ってなんなんでしょうか。

回答

内縁の夫を作れば籍なしで援助を受けられるのです。
なので2人分もらえますし内縁の旦那もできますよ。

働かない夫で生活費が足りないから離婚したけど・・・体験談2

質問

働かない夫に、生活費が足りないならお前がもっと働けと言われて困っています。

夫が怠け者で困ります。
私は週5日8時間勤務の事務をしておいます。

夫は週3〜4日6時間勤務のアルバイトです。

夫は結婚する前からアルバイトや派遣の仕事を転々としており、給料は二人合わせても手取り25万程度しかありません。小学生の子供も二人居るのでかなり生活が厳しいのです。

夫はもう40近い年齢なので、このままだとアルバイトも採用されにくくなってしまいます。

早く正社員の仕事を探してほしいと何度も頼んでいますが、「最低でも週3日は休まないと無理。6時間以上働くなんて精神的にキツイ。」など、何かと文句をつけて働かないのです。
でも本当に病気なわけではなく、休みの日は一日中ゴロゴロしたり特に何もせずに怠けています。

あまり私がとやかく言うと必ず、「ならお前がもっと働け!掛け持ちでもして働けよ!」と言い話になりません。

離婚は子供たちが可哀想だなと思い踏みとどまっていますが・・・。

回答

働くのが嫌いな父親の姿を見せる方がよっぽどかわいそうではありませんか?

簡単に離婚は勧められません。

子どもは親の背中を見て育つと言いますから。

ご主人が父親としての役割を本当に果たしているのかどうかよく見極めるべきですね。

質問

離婚直前の生活費についてお聞きしたいです。

現在専業主婦、3歳の子供がいまして、近々離婚が決まっています。
離婚原因ですが、主人はキレると物を壊したり、暴言、脅迫のような発言など、その他にもいろいろ理由があり離婚します。
主人は最初離婚に応じてくれず、もうしない、直すからと言ってきましたが、離婚話の最中にもいろいろ言われ続け私の気持ちは変わらず離婚となります。

最終的に主人も離婚に同意してくれましたが、お金は一円も渡せない、とのことで、私も悪い部分もあったので、私もそれには同意しました。
しかし、もうすぐ別居というところ出て行く直前までの家賃や生活費を半分払えみたいなことを言い始めました。
今まで保育園に空きがなく日中子供を見る人もいないため働きに出れず、夜中ファミレスでバイトして少しながらも家計に入れてきました。

しかし別居するにあたって引越し代など費用もかかるし、私も主人に渡せるだけの余裕はありません。

離婚直前の家賃や光熱費、生活費は私は払わなければならないのでしょうか?

回答

離婚までの夫婦の生活は、「生活保持義務」というのがあり、
収入の少ない妻にも、夫とおなじレベルの生活が出来る状態にナイトいけ真S年。
(たとえ別居中であっても、離婚をごねている間は義務があります)

新しい生活を始めるに当たっては、財産分与で、新生活が出来るまでの保障を求めることができますよ。

(早くから調停しておけば、調停を出した日からの生活費請求ができましたね。)

払えというのを蹴るだけなら、「払わない」で済みます。
揉めそうなら、裁判所の力を借りましょう。

生活費が足りないことが離婚の原因となってしまうことは少なくありませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です